自分の描いたものを大事にするということ

こんにちは。イラストレーターの群青亜鉛(ぐんじょうあえん)と申します。プレイヤーとしては、イラストレーター。そして、体験型講座のファシリテーターでもあります。

gunjoaen_workshop

絵でブレーンストーミング

私がファシリテーターをする、イラスト体験型講座は、共通点があります。

絵を描くのが好きな人も嫌いな人も、私の導きにより、とにかく描いてもらいます。

そして、描き手が気に入ったその時の最良のものを選んで頂き、作品に完成していただくという経過を辿ります。

知らず知らずのうちに、楽しんで描いて頂けるように導きます。加えて、ものを生み出す時のプロセスを一般の方にも体感してもらう側面もあります。ちょっぴり脳に汗をかいていただく感じです。

今まではそれを、コピー用紙という、手軽に手に入れられるもので行っていました。
でも、、、それにはプラスの点とマイナス点があるのです。

プラス点は、
身近にある、いつも使っている紙ですから、躊躇せず、ペンを走らせることが出来るという点。
マイナス点は、自分の描いたものを大事にしなくなる、という点です。

すべては自分自身を大事にすることから

このコピー用紙を使う手法でずっとやってきたのですが、この自分が描き出したものを大事にしなくなる傾向があるように思う点が気になっていました。自分自身を大事にすることから全てが始まると思うからです。

データ化出来るイラストに仕上げるのなら構わないのです。でも、
最終的にイラストレーションとしての作品を作るのではなく、プロセスを大事にした上で、アートな作品に仕上げる研修ではそろそろお手上げだなと感じていました。

先週、漸く、閃きました。頭の中が整理出来て、次の展開が見えて来ました。
いったい何年かかってるんだと自分自身に突っ込んでいますが。

ゴールに導かせていただくために、
ワークショップの環境のことは、ああでもない、こうでもないと常に思いを巡らしています。

群青亜鉛(ぐんじょうあえん)介護イラストレーター/体験型講座ファシリテーター

広告

アートでの様々なアプローチ

こんにちは。介護イラストレーターの群青亜鉛(ぐんじょうあえん)と申します。いらっしゃいませ。

描き手の側面・導き役の側面

わたしは描き手としては、介護関連のイラストを手がけています。介護で伝えたい事が有り余る程あるからです。介護は、暗い、というイメージがあり、関わるのは本当に必要になってから。でも普段から知っておくといいことは沢山あるのです。そんなイロイロを、おもろい切り口で、橋渡しをしている感じです。これは、人に伝達するメッセージのあるイラストです。

一方、「描く」事は、誰でも自分の中での気づきやいろいろなことが整理出来たり発見出来たりいたします。それは落書きしかり、塗り絵もしかり。
そんな入り口の後押しも出来ればと、体験型講座もずっと継続してやっています。導くのは苦痛でもなく、わたしにとっては楽しく、自分にあっているなあと感じています。

さて、近ごろ
気になる団体が次々に出来ていますね。もう、ドキドキします。
羅列のようになるのですが、見て頂きたいので、記します。

アートとビジネスをとてもバランス良く、融合させ、付加価値のあるものとして提供している。いえ、提供ではなく共に造り上げている要素が強いと感じる様々です。
アートを描き進めることで、企業幹部の方々に、ビジョンを明確にイメージしてもらう、そして潜在意識にはたらきかける要素が多いのでは、、、と勝手に思っています。以下。

アートを仕事にも人生にも活かす

日本発、経営幹部のための「絵を描くプログラム」が注目されているワケ
斎藤立氏に聞く「リーダーの“創造する力”を覚醒させる方法」〜日経ビジネスオンラインより〜
http://business.nikkeibp.co.jp/article/interview/20131001/254077/

株式会社シグマグシス ビジョンフォレスト〜アートを活用した新しい変革支援プログラム〜
http://www.visionforest.jp/

昨日たどっていって、こちらも見つけました。
NPO法人「Institute of Communication Art(IOCA)」
http://www.ioca.jp/
大きな NPO法人!多世代にむけてのアートプログラムを提供されている。楽しそうだ。とにかく楽しそう。

次は、ちょうど一年位前、わたしがIT企業様への研修を終え、
ネットサーフィンをしているときに、発見し、素晴らしいと思った法人。

ホワイトシップ
http://www.whiteship.net/

社長である長谷部 貴美さんのブログ
http://blogs.itmedia.co.jp/kimiwhiteshipceo/

TED 名古屋でも、プレゼンテーションをされています。
プログラムのネーミングも、とても好奇心がくすぐられます。

DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー//2015年9月9日
http://www.dhbr.net/articles/-/3482

どのホームページもじっくり見て読んで頂きたい。

なんだかどれも、トライしてみたい気がする。練りに練られたプログラムはとても興味深い。

最小公倍数と最大公約数

わたしは個人で体験型講座や研修を行っています。

受けて下さる方には、いい体験をしていただきたい、最良の環境でと思うので必然的に、
画材なども上質なものを使いたいと思う。

だが、いろいろな兼ね合いで、全部をなかなかクリアは出来ない。

先ほど挙げさせて頂いた法人や団体は、規模がまったく異なるので、一概に私が言うのも大変失礼なのだが、それをとてもいいバランスでなされているような印象である。

是非ご覧になってみて下さい。

群青亜鉛(ぐんじょうあえん)イラストレーター/体験型講座ファシリテーター

イラストコミュニケーション研修

こんにちは。イラストレーターの群青亜鉛(ぐんじょうあえん)と申します。描き手としては、介護関係のイラストを得意としていますが、大人の方に絵を描くことへの導きも行っています。
一般の方対象と企業様への社員研修と大きく分けて二通りです。 今回は企業様への一風変わった「おもろい」社員研修のご報告を。なかなかこちらに記載出来ずで昨年の様子になりますがご了承下さい。

イラストコミュニケーション研修風景

IT企業様より、再び、研修のお声を掛けて頂きました。

カラフルなペンを使って、イメージを、画面一杯に描いて頂くというものです。
たった2時間で、社員の方々にとって、いいアプローチができたかどうかは毎回試行錯誤です。

カラフルな色を見る。
自ら描き出す。
想像力を働かせる。
それを応用させる。

完成させる。

社員の方々が、普段は感じることのない思いを
ご自身から生み出すことにトライして戴けた
そんな2時間だった様に感じました。

アンケートも書いて頂きましたので、
研修後、再訪問、振り返りの時間をとらせて頂きました。

いいアプローチと言うよりも、
おもろいアプローチができたかしらん、というところがポイントです。
どんどん描けた、知らん間に、手が進んでいた、という感想が
殆どでしたら、まず、その回は、大成功です。

素直にこちらの導きで、前向きに描いて頂いてはじめて効果のあがる体験型研修です。

この2時間が、ここちよい刺激になって、
お仕事への気づきが多くなることを毎回祈りつつ。

先日、メンタルヘルスのプロの方と、保育士さんが受講して下さり、
これはいい!と大絶賛して頂きました。

認知症のご高齢の方にも、、、と言って下さいましたが、
私はどちらかというと、介護をしていらっしゃる方の方が気になっているのです。

今後は、高齢者介護施設で働く職員の方対象にも、この体験型研修を行えたらと考えています。
ハードワークで消耗しきっている方が多いことが気になります。
バーンアウトしてしまう前に、是非取り入れてもらえたら、そんな風に思っています。

そんな奇特な経営者の方、いらっしゃいませんか?(おほほほ。)

※ホームページのトップにも、この研修がどんなものか、記載しています。
https://guru2wakka.wordpress.com/

ご興味を持たれた方は、カテゴリーの、ワークショップ・研修・講話という箇所をご覧下さい。

群青亜鉛(ぐんじょうあえん)介護イラストレーター/体験型講座ファシリテーター

今月の予定〜イラストほぐし体操


今月末、こちらの会に、ゲスト参加させて頂きます。

**********************************************************************************
あなたがいるから、私はワクワクできる!
「第3回 ワクワク研究発表会」
平成24年1月28日(土)13:30~19:30
主催:ワクワク理論研究会

テーマ:イベント
あなたがいるから、私はワクワクできる!

自分を認め、相手を認め、そしてお互いに認め合う時、「 ワクワクする場」が生まれます。主役はあなたです。

【日時】 平成12年1月28日(土) 13:30-17:30
【場所】 パークホテル臨海 http://www.jin.ne.jp/park/access/index.html
大阪府大阪市西区靭本町1- 19-16

【主催】 ワクワク理論研究会 主宰 小野 知己 
【内容】 イラストほぐし体操

ワークショップ① ~自分のワクワクを表現する ~
ワークショップ② ~チームでストーリーを創る ~

    ワクワク大賞の表彰
      懇親会

【費用】 発表会 2,000 円 懇親会 3,000 円
【持物】 ワクワクする心
【申込】 チラシ に必要事項を記入の上FAXして頂くかメールでお願いします
**********************************************************************************
詳細はこちらをご覧下さい。
http://ameblo.jp/waku2-riron/

ワークショップに入る前の最初に、”イラストほぐし体操”を担当させて頂きます。
リラックス&モチベーションアップのため、そして描く事に抵抗をなくし、前向きに取り組める状態をつくらせていただくため、様々な投げかけを致します。

興味のある方は、どうぞご参加下さいませ。

もうえべっさんです。

2012年の恵比寿様
さて、もう早、えべっさんです。最近知ったのですが、えべっさんは、漁業の 神さんだそうですね。食物・財福を司る神は、大国天さんだそうです。神さんが見守ってくれているという気持ちで、とにもかくにも、まず動いてみたいものです。