一目見て、分かる良さ。

しばらく間が空いておりましたが。

発想の転換イラストワークショップ研修がようやく先月末に実施となりました、、、。
イラストワークショップも予約で埋まる様になってまいりました。
 (カリキュラムはどんどん進化しています。前回9/3は、ほとんど新しいプログラム内容でした。)ありがとうございます。

さて、本日は、ワークショップのお話もしたいのですが、
イラストのお話を仕事にからめて少し。

個性的な社長がいらっしゃる企業は多いですね。。。

でも、色々な方にお話を伺っていると、
社長の印象があまりにも強すぎて、
何をやっている会社なのかが周りにあまり伝わっていないみたいなんだなあ、、、、
というお声をちらほら聞く事があります。
そして、そんな事を私も感じたりもします。

仕事の内容を、口で説明しても、なかなか伝わらない(覚えてもらっていない)
テキストで書いてあっても、気付かない。(目がいかない)
名刺がおしゃれ過ぎて、業種と違和感がある、、、等々。

そんな事を感じられた事のある方、いらっしゃいますか?
ああ、そういえば、あの人そうかしら、と思い浮かぶ方がきっと何名か。
(いや自分もかしらん)

一目見てわかれば(伝われば)いいのになあ。。。

写真を使うのも一つです。
が、あまりにもそのもの過ぎて、
目の前に見える物に限定されてしまいます。

“うわ、ベタべたやん群青さん,もうちょっと文章に工夫はないんかい”
と思いますが、
そんな時はやっぱりイラスト。。。
絵の力は大きいのでございます〜。