商業出版

今回群青が出版しました「ばあちゃんドタバタ介護格闘記」の(株)宝島社は、出版業界No.7だそうです。 50代後半以降の方には、あまりなじみがないようですが、私位の世代〜下には結構メジャーな存在です。

昔は社名を JICC と言っていて、音楽情報ばかりを扱っていた雑誌「宝島」や、時代を斬るB5サイズの「別冊 宝島」が有名でしょうか。’93年には(株)宝島社に社名を変更して、今に至ります。(そうそう、宝島社新書『「捨てる」技術』 は、2000年間ベストワン(新書部門)でした〜)

群青の周辺の介護職に携わるにとっては、何が驚きだったかというと、その宝島社が、”介護を扱った本を出版した”  と言う事実。「そんな時代になったのか〜」という声は結構耳聞かれました。

“All about Japan スーパーお薦めサイト大賞2003″を頂いた個人的介護HP、”群青亜鉛のばあちゃん介護” (現在10年目)がベースです。

約1年前の9月、宝島社の編集者さんより、これは面白い「介護初心者向けの本の企画をさせて下さい」とお声かけ頂き、出版の運びとなりました。

介護で困っている人のお役に立ちたい!との思いで、書き下ろしのイラストを満載、介護を知らない世代の方にも分かり易く伝わるように、明るくメッセージさせていただきました。

***************************************
〜著書ご案内〜
実用書介護のお助けマンガエッセイ
ばあちゃんドタバタ介護格闘記
***************************************