試行錯誤と思考覚悟。

こんにちは。イラストレーターの群青亜鉛(ぐんじょうあえん)と申します。
本日はウェブのイメージの打ちだしに関して。

とはいってもわたしはウェブデザイナーではないから、
試行錯誤と、思考覚悟の日々。
それを全部ぼろぼろ出してしまおう。
題材は、自分自身、群青亜鉛のHPである。

さて。
私は大阪でイラストの絵講座を4月より行っている。(2005年)

イラストは、わりと柔らかいイメージがあるので、
「楽しいんだよお〜♪ほれほれほれ〜っ♪」

の打ちだしだけでは、かなり弱い。
「ただのお絵かき教室じゃろ」
と舐められてしまう傾向が強い。

そのため、打ちだしには、常に頭をハイ状態にさせ、
常に頭をフル回転している。(ほんまか)
皆さんも、キャッチコピー等には
日々頭を悩まされていると思うのですが。

今までチラシは何パターン出したことか。(汗)

思考覚悟を繰り返したおかげか、
今年にはいってから、ようやくわかりやすい言葉を選んで、
内容を的確に表に出せるようになった。

と思っている。

正直に言ってしまうと、イラストというのは、
なくても死なない。生活必需品ではないのだ。
そのため、
本当に訴えるものがないと、
講座なんて来てもらえない。 

それを痛感しているので、
固めに、固めに、ちゃんとした講座ですよ、
信用出来ますよ
という打ちだし方を、一生懸命、一生懸命、
ホームページではやっていた。

自分では「いい出来。
かっちょいいやん(`ー´)」と思っていた。

こちら見てみてね。

すると、プロデューサーM氏より、パワーランチ時に。

「うーんブログはいいんだけどね。ホームページの方は、
いったい誰に向けてアピールしてるのかなあ? 
興味持って来てもらわないと話にならないでしょ? 
固すぎて行きたくないわ〜、せっかくの
群青亜鉛の講座のイメージとなんだかちがうのよね。」

という話になり、私はうーむ、とうなってしまった。

一方、このブログ「今日はさばさば」は
講座の雰囲気などが、うまく表現出来ているらしい。
講座ブログ
ちょっと比較して見てください。

どんな感じがします?
受け取るイメージとかは、どんな風にちがいます?

このイメージの打ちだしは、なかなか、難しい。
陥りやすいのは職人芸。勝手に凝ってしまうのだ。

第三者が見やすいかどうか。というのは、
他の人からいろいろ意見を聞かないと、なかなか、
わからない、、、ところだなあ。

続きは明日。

※思考覚悟という言葉があるのかはわかりませんが、ぐんじょうあえんの造語です。
考える時にはいろいろ覚悟していかんといかんことがいろいろあると思い、自分で勝手に表現しています。